宣伝効果が絶大なオリジナルうちわの作り方

購読率が低下

新聞

信頼度は一番

広告媒体としてメジャーなのが、4マス広告です。4マス広告とは、テレビCM広告、新聞広告、雑誌広告、ラジオ広告です。これらの4つの広告手法は、マスメディアを利用した広告になっています。昔も今も、活用されている広告手法となります。広く一気に情報を拡散することができる特徴を持っています。最近ではネット広告などが主流になっていますが、ブランディングにつなげるための利用目的として活用されています。新聞広告はその中でも信頼度が高い広告手法となっています。サイズや場所によって掲載の値段が異なりますが、全国紙などでは金額が高いことが多くなっています。信頼度が多いため、継続して掲載する企業も多くなっています。新聞のデメリットは、稚気購読層の低下です。若年層で顕著で、高齢層でも低くなりつつあります。70代以上の世帯は変わらず購読していますが、全体的に購読層が低くなっているのがデメリットになります。新聞広告の特徴は、地域の購買層を考えた広告掲載を実現させることが可能になります。また文字のみならず写真やイラストも掲載することができます。現行の締め切りから掲載までの時間が短く素早く対応することができる点がメリットになります。しかし新聞広告にもデメリットが存在します。毎日届くのが新聞であるため、広告の賞味期限は一日限りとなります。雑誌と比較して色やデザインなどが劣って見える点などがマイナス面になります。しかし信頼度は抜群なのです。